精油紹介 ゼラニウム

こんにちは。ベル・クウォーレ村上優香です。

猛暑が続いていますが、皆さん暑さ対策万全ですか?
急な暑さについていけず、体調を崩している方や、ともかくだるいという方。
また熱帯夜で熟睡できない方などトリートメントに来られる方も不調を訴えられる方が多くなっています。今日も一段と暑さが厳しくなっています、皆さん十分ご注意くださいね。

日本の高温多湿な気候から、夏の初めは、風邪をひきやすくなったり、なんとなく疲れがとれなかったりと、不調をかかえやすい時期です。
他にも、頭痛やイライラ、肌荒れ、胃痛・胃もたれ、肩こり、疲労感などさまざまな症状となって現れます。一見暑さが引き起こしていると思いがちなこれらの不調ですが、実は暑さそのものというより、夏ならでは環境と心と体のバランスが乱れることによって誘発されているケースも多いのです。

体は元来、環境に対する適応力がありますが、季節の変わり目や冷房などの影響により適応力を超えた寒暖差が生じたり、猛暑が続くと、体のバランスを整える自律神経の働きが乱れます。すると、体温調節機能が乱れ、胃もたれや食欲不振、だるさなど様々な不調を引き起こします。

以下の項目で気になることが多い方は特に注意が必要です。
・暑さ、寒さが苦手
・エアコン(冷房、暖房)が苦手
・周りの人が暑いのに自分だけ寒い、長袖が常に手放せない
・顔がほてりやすい、全身がほてりやすい
・温度差が強いと頭痛や肩こり、めまい、だるさ、関節痛、喘息、下痢などの様々な症状がでる
・熱中症になったことがある、近い状態になったことがある
・季節の変わり目に体調不良になる
・冷え症がある
・温度が一定の環境にいる時間が長い(オフィス、自宅でも一日中エアコンをつけている)
・代謝が悪い、体がむくみやすい
全部で10項目ありますが、3つ以上当てはまるものがあれば注意が必要です。

ご紹介するのは女性の方にぜひお勧めしたい精油の一つです。
香りも嫌いな方は少なく、作用はまさに女性の味方!!
私も香りが大好きで日常によく使う精油の一つです。

010   ゼラニウム
学名    Pelargonium graveolens
      Pelargonium asperum 
科名    フウロソウ科
抽出部位  葉
抽出方法  水蒸気蒸留法
主要成分  【モノテルペンアルコール類】シトロネロール、ゲラニオール、リナロール
      【エステル類】蟻酸シトロネリル【ケトン類】イソメントン
      【アルデヒド類】シトラール【オキサイド類】ローズオキサイト
原産国   レユニオン島、マダガスカル、エジプト、モロッコ、
      フランス、イタリア、スペイン、南アフリカ、アルジェリア

アフリカで何世紀も生活と密着して使用され、ヨーロッパでは古くから厄除けとして庭に植える習慣があり、その愛らしい花と芳香で人々を癒やしてきました。17世紀になってヨーロッパにもたらされ、香水の大切な成分となりました。ローズの代用品としても広く化粧品やせっけんなどに使われています。

一般的にゼラニウムというと200種類以上あり、観賞用にも沢山栽培されています。観賞用によく見かけるゼラニウムは、厳密にいうと精油に使われるゼラニウムとは違う属科に属します。

精油に多く使われるPelargonium graveolens、またはPelargonium asperumで、1m位まで成長する多年生の低木で、ピンク色の花を咲かせます。

ゼラニウムは様々な産地があります。レユニオン島が主産地のものを特にゼラニウムブルボン、エジプト主産地のものをゼラニウムエジプトと区別する場合があります。成分には若干の違いがあります。

ゼラニウムはローズに似たような香りと表現されることが多いのですが、精油は葉から抽出されているので、実際には、ローズのような香りの中に少しハーブっぽさが混じったグリーンフローラルな香りが特徴です。

ローズと同じ芳香成分、ゲラニオールやシトロネロールなどを多く含み、ローズに似た香りを持つことから、、ローズゼラニウム、ニオイゼラニウムとも呼ばれます。高価なローズの代用品としても使われています。シトロネロールは蚊が嫌う香りで昆虫忌避作用もあります。

ゼラニウム精油の香りが更年期の不調を軽減するという興味深い研究結果が、公益社団法人日本アロマ環境協会(略称:AEAJ)より報告されました。産婦人科医の対馬ルリ子先生とAEAJの共同研究によると、ゼラニウム精油の香りをまとった生活を続けることで、更年期女性特有の不定愁訴や不安感の軽減だけでなく、活力の向上、肌や髪の潤い実感のアップもみられたとのことです。また1か月間続けても、血中ホルモン濃度には有意な変化が確認されなかったことから、芳香による嗅覚刺激が血中ホルモン濃度に直接、影響することなく、更年期のQOLの向上に有効であることが示唆されています。
https://www.aromakankyo.or.jp/pdf/news/939/20181018_geranium_menopause_web.pdf

◆ゼラニウムの作用◆

鎮痛作用、抗菌作用、抗糖尿病作用、抗真菌作用、抗感染作用、抗炎症作用、鎮經作用、収れん作用、鎮静作用、止血作用、肝臓活性化作用、リンパうっ帯除去作用、膵臓機能促進作用、静脈強壮作用、性的強壮作用、女性ホルモン調整作用、利尿作用、解毒作用、抗ヒスタミン作用、神経バランス作用、瘢痕形成作用、皮脂バランス調整作用、保湿作用、皮膚軟化作用、抗炎症作用、血行促進作用、髪への効能、 頭皮の皮脂バランス調整、 虫除け作用

こころに
ゼラニウムには心と体に起こるさまざまなバランスの乱れを整える働きがあるといわれています。
副腎や視床下部に働きかけ、ホルモンバランスや自律神経のバランスを整えて、いらいらや落ち込み、緊張、不安などの不調にやわらげて気分を明るくします。情緒不安定、月経前緊張症、更年期障害などの症状をやわらげるのに期待できます。

からだに
熱を冷まし、気や血液の循環を促す作用があります。特に神経系のバランスをとったり目に関わる症状、関節痛や神経痛、リウマチなどにいいと言われています。リンパの滞留を改善すうことにも役立ちます。
ホルモンバランスを整える作用から、生理痛、生理不順、PMS、更年期障害などの婦人科系の症状をやわらげるほか、リンパの滞りをよくして体内の余分な水分や老廃物を排出することにより、むくみやセルライトの解消を促します。

お肌に
肌トラブル全般に広く活用でき、シワやしみ、お肌のアンチエイジング、皮脂分泌のバランスをとる作用があり、乾燥肌と脂性肌のどちらにもよいので、どのような肌質でも使えるのが魅力なスキンケアに欠かせない精油です。
抗炎症、抗菌、抗真菌作用がとても優れている精油でニキビ・乾癬・湿疹などの皮膚の不調改善に役立ちます。熱を冷ますとともに湿度を与えてくれ珍しい精油で保湿高めうるおいを与えてくれます

また、ゼラニウムにはシトロネロールという芳香成分が多く含まれており虫が苦手とする成分であるため、虫除けにも効果的です。痛みや炎症を抑える働きもあることから、虫刺されにも役立ちます。

収れんして止血する作用があり、傷や炎症をやわらげる効果もあります。フケや脱毛などスカルプケアにも使われます。

ゼラニウムの詳細、ご購入はここをクリック

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

ゼラニウムは手元において活用しています。
子育ての最中、ちょっとしたことでイライラするときに
ともかくなんだか体が重くてぜんぜんやる気が起きないときに
ひとり落ち込んでしまったときに
どう見ても「肌がつかれてます!」というときに
まわりに振り回されて心が折れそうなとき(笑)

芳香浴だけでも十分いいですよ。
みつろうで練香水を作って手首に塗っておいて、なにかあったらひっそりとかぐ~~のもオススメ

皆さんぜひ試してみてください。

先日、自転車で20分ほどかかるところまで出かけなくてはならず、この猛暑の中マジか!と思いましたが、保冷剤をハンカチに巻いてそれをスカーフのように首の後ろに保冷剤が当たるように巻いてみました。これがなんと冷たくて気持ちよく~。意外と汗をかかなかったです

次回から猛暑のお出かけアイテムとして活用したいと思います。結び目に前回ご紹介した体感温度を4℃下げる香りペパーミントを1滴落とすと更にいいですよ\(^o^)/

株式会社 ベル・クウォーレ https://beltacuore.com/

大阪 四天王寺

◆アロマの香りで心と体をリフレッシュ

無添加オイルを使ったアロマ・マッサージで心とカラダを癒やす サロン ベル・クウォーレ

◆公益社団法人日本アロマ環境協会認定校 アロマ&リラクゼーション ベル・クウォーレ

(zoomオンライン講座実施中)

◆磯部千晴セレクト:こだわりのアロマ・ハーブ関連商品取り扱い

楽天市場店:https://www.rakuten.co.jp/berutacuore/

belta(ベル)は『美しい人』、cuore(クウォーレ)は『心』

ご縁をいただけた皆様に【心も体も美しく】
磯部千晴の想いをこめて

〒543-0074
大阪市天王寺区六万体町4番19号 グラン・ピア四天王寺304号

06-4305-7721(代)

LINEの公式アカウント欄から公式ID【beruaroma】または名前【ベル・クウォーレ】で検索

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP